MENU

世界初の国立公園、イエローストーン国立公園の絶景(アメリカ)

2021 9/30
目次

イエローストーン国立公園とは

アメリカ合衆国の中西部、アイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州にまたがって位置するイエローストーン国立公園は、1872年に世界で初めて国立公園に指定された公園です。総面積約9000k㎡、およそ四国の半分の面積には、かつて巨大な火山があり、定期的に熱水が噴出する間欠泉、色鮮やかな温泉地帯、温泉の石灰が積み重なってできた白い段丘など、豊かな自然に溢れた公園です。1978年に世界自然遺産に登録され、アメリカの一生に一度は訪れたい絶景スポットの一つとして、多くの観光客が訪れています。

撮影:ユーラシア旅行社

エローストーン国立公園へのアクセス、行き方

イエローストーン国立公園へ行く場合、最寄りの空港はジャンクソンホール空港です。日本からの直行便はない為、アメリカ国内での乗り換えが必要です。ジャクソンホール空港からイエローストーン国立公園までは車で1時間30分ほどです。

イエローストーン国立公園の見どころ

イエローストーンの巨大火山が噴火したのは約220万年、約130万年前、64万年前の3回。研究者によると70万年周期で噴火が起きるとされています。現在も地底にはマグマが広がり、一つの公園内に様々な熱水現象をご覧頂けます。およそ1万2千年前、ここに住んでいたアメリカ先住民は大渓谷周辺に鉄分を多く含む黄色い石があったことから、この地を「黄色い石のある川」と呼んでいました。このことがイエローストーンの名前の由来とされています。そして1807年、先住民ではないジョンコルターが初めてこの地を発見し、1872年、イエローストーンを国立公園に指定。これを契機に、自然景観の保護を目的とする国立公園実施法が制定されるようになりました。ありのままの自然を残そうとした人々の尽力が、イエローストーンの雄大で原始的な自然景観から感じられるでしょう。公園内は「ガイザー・カントリー」、「キャニオン・カントリー」、「マンモス・カントリー」、「レイク・カントリー」、「ルーズベルト・カントリー」の五つのエリアに分けられています。

オールド・フェイスフル・ガイザー

ガイザー・カントリーにあるオールド・フェイスフル・ガイザーは、世界で最も有名な間欠泉とされており、イエローストーン国立公園の見どころの一つです。名前のフェイスフルは忠実を意味し、その名前の通り一定の間隔で忠実に吹き出すことから名付けられました。100年以上もの間、約80分間隔で約4万リットルもの熱水を、高さ40mほどまで2分〜5分間吹上げ続けています。今か今かとじっと待ち続けた頃に、突如として熱水が吹き出す瞬間は圧巻です。

オールド・フェイスフル・ガイザー (撮影:ユーラシア旅行社)

モーニング・グローリー・プール

オールド・フェイスフル・ガイザーから北の方向に続く2.2kmのトレイルの終点にある、直径6m、深さが7mほどのすり鉢状の形をしている温泉プールが、モーニング・グローリー・プールです。朝顔のような形と色をしていることから、モーニング・グローリー(朝顔)・プールと名付けられました。水の中に熱を好むバクテリアが生息していることにより、水が美しい青色、黄色に見える自然現象を生み出しています。オールド・フェイスフル・ガイザーからモーニング・グローリー・プールへ向かう道には間欠泉や温泉プールが密集しており、それらを見ながらボードウォークもお楽しみ頂けます。

モーニング・グローリー・プール(撮影:ユーラシア旅行社)

グランド・プリズマスティックスプリング

グランド・プリズマスティックスプリングはアメリカで最大の熱水泉です。その規模は直径およそ90m、深さは50mほどで、世界ではニュージーランドのフライング・パン・レイク、ドミニカ国のボイリング・レイクに次いで、3番目に大きい間欠泉です。青、緑、黄、オレンジ、金、赤、茶からなる水の色は、プリズムで光を分散したような色をイメージさせ、このことからグランド・プリズマスティックスプリングと名づけられました。この幻想的な七色も水中に生息するバクテリアによるもので、気温によって色も異なり、夏には赤やオレンジ、冬は濃い緑色になります。中央はバクテリアが生息できないほど、温度が極めて高く、水そのものの色である濃い青色となっています。大きさもさることながら、その自然が生み出した神秘的な色に見惚れてしまいます。

グランド・プリズマスティックスプリング(撮影:ユーラシア旅行社)

イエローストーンレイクとウェストサム

公園の南にはイエローストーン・レイクという大きな湖があります。この湖は噴火によってできた噴火口に水が溜まったカルデラ湖で、その湖の澄んだ青さと周囲の山々が遠くに見える風景は雄大な自然の美しさを感じさせます。湖の畔には、ウェストサムという熱水泉があります。

イエローストーンレイクとウェストサム(撮影:ユーラシア旅行社)

テラスマウンテン

温泉水に含まれる石灰成分が長い年月をかけ積み重なり、白い棚田のような段丘がテラスマウンテンです。一番大きな段丘をテラスマウンテンと呼び、他にもメインテラス、階段状のミネルバテラスなど様々な形の段丘があり、ボードウォークで巡りながら見ることができます。

テラスマウンテン(撮影:ユーラシア旅行社)

ロウアー滝とグランドキャニオン

イエローストーンリバーが何万年もの歳月をかけ生み出した大渓谷はグランドキャニオンと呼ばれています。グランドキャニオンの深さは約300m。そのスケールの大きさに圧倒されます。またトレッキングしながら渓谷の黄色い崖とロウアー滝のコントラストが美しい光景をお楽しみ頂けます。

ロウアー滝とグランドキャニオン(撮影:ユーラシア旅行社)

アメリカ合衆国の特集、ご旅行はこちらから

目次
閉じる