MENU

映画に想いを馳せながら訪れたい、スターウォーズのロケ地5選

2020 10/05
目次

オング・エル・ジャメル、チュニジア(エピソード4)

アナキン・スカイウォーカーが惑星タトゥウィーンで育った家が撮影されたチュニジア南部のオング・エル・ジャメル。今でも一部のセットが残されており、スターウォーズファンにとっては聖地の一つです。

オングエルジャメル
オングエルジャメル(撮影:ユーラシア旅行社)

マトマタ、チュニジア(エピソード4~9)

オング・エル・ジャメルから南東方向にあるマトマタは、ルーク・スカイウォーカーの家のロケ地に使われた穴居住宅が残っています。撮影小道具を中庭に飾り、現在はホテル・シディ・ドリスとして営業もしています。宿泊するには若干質素な設備なので、周囲のホテルに泊まって日中に施設だけ見学する事も可能です。

マトマタのシディ・ドリスホテル(撮影:ユーラシア旅行社)

ティカル遺跡、グアテマラ(エピソード5)

中米グアテマラの密林に佇むマヤ文明最大級の遺跡ティカル。ここはエピソード4で反乱軍の基地としてロケが行われました。往年のファンならば、下の写真の風景にミレニアム・ファルコン号が飛んで来る姿を思い浮かべる事が出来るでしょう。

ティカルの5号神殿からの眺望(撮影:ユーラシア旅行社)

コモ湖、イタリア(エピソード3)

アナキン・スカイウォーカーとナブーの女王パドメが束の間の休日を過ごした別荘のロケが行われたのは、現実世界でも高級別荘が建ち並ぶイタリア北部のコモ湖。現実でもゆったり癒される場所です。

コモ湖にて(撮影:ユーラシア旅行社)

レッドウッド国立州立公園(エピソード6)

森の惑星エンドアの舞台となったのは、アメリカのカリフォルニア州北部に広がるレッドウッド国立州立公園。エピソード6の主要舞台のロケが行われたので、見覚えのある方も多いでしょう。エンドアのかわいらしい住人イウォークや帝国軍のスピードバイクが今にも飛び出してきそうです。

セコイアの巨木が並ぶレッドウッドの森(撮影:ユーラシア旅行社)

チュニジアを訪れるツアー・旅行はこちら
グアテマラを訪れるツアー・旅行はこちら
イタリアを訪れるツアー・旅行はこちら
アメリカを訪れるツアー・旅行はこちら

目次
閉じる