MENU

フォトジェニックな絶景!アゲダの傘祭り(ポルトガル)

2020 10/05
目次

アゲダとは

ポルトガル北部、アヴェイロの西方に佇む人口約5万人の小さな街アゲダ。肥沃な農業地帯の要衝にある歴史ある街は、観光客には馴染み薄かったのですが、傘祭りによって一躍ポルトガルで最も訪れたい街の一つに変貌を遂げました。

アゲダの街(撮影:ユーラシア旅行社)

アゲダはどこ?

アゲダの傘祭りについて

2011年、村おこしも兼ねて発足したのが、Agueda Umbrella Sky Project(アゲダ アンブレラ スカイ プロジェクト)です。その名の通り、傘を空へ上げるプロジェクトです。日本ではプロジェクトの替わりに「傘祭り」と呼ばれる事が多いです。元々夏場に開催されていた小さな芸術祭の一部としてスタートしましたが、カラフルな傘とそこから注ぐ太陽光線の絶景はあっという間に世界中で話題になり、今では芸術祭の顔になりました。例年7月上旬頃から9月まで開催されています。

アゲダの傘祭りにて(撮影:ユーラシア旅行社)
アゲダの傘祭りにて(撮影:ユーラシア旅行社)
アゲダの傘祭りにて(撮影:ユーラシア旅行社)

ポルトガルを訪れるツアー・旅行はこちら
ポルトガル旅行・観光特集ページはこちら

目次
閉じる